にじいろタマネギ

もともと趣味全般書く予定だったんですが気付いたらポケモンの事しか書いてなかった

漫画

まんがライフセレクション「ももせたまみスペシャル」感想

ea81412d.jpg



珍しくまんがライフセレクションが発売されていましたね。竹書房はセレクションをあんまり出さないイメージなんで、かなり貴重だと思います。
しかもコンビニ売りしてたし。めっずらしぃ。

しかしももせ先生の下ネタは良いすなぁ。絵柄が超絶萌え系なのにどぎついことになっとる。

5658f884.jpg


せんせいのお時間は下ネタを抑えてキャラでネタ作ってる作品だと認識してたのはどうやら違ったみたいですね。ももいろスウィーティーが連載終了した反動みたいのがあったんですかね。

絵柄もだいぶ変化してますね。ちょうど一昨日に3巻を久しぶりに読んだタイミングだったので、こんなに絵柄が違ったかと少し驚きました。
絵柄はてっきりももシス9巻くらいで安定したものかと思ってたんですが、進化は止まらないようです。
ちなみに個人的には今の絵柄も昔の絵柄も好き。



て言うか扉絵のみか先生がエロいんですけどそれは大丈夫なんですかね。

cb51ee08.jpg






あと、「トリビュートofせんせいのお時間」って
いうほかの作家さんがせんせいのお時間を語るみたいなセレクションものでは良くある企画があったんですけど、甘詰留太先生のページ(カラー)を電車内で開いてしまって死ぬかと思ったのはここだけの話にしといてください。マジで。

後はまぁ読者プレゼントが既刊1~10巻セットっていう熱い在庫処理だったとか、スズキユカ先生がももせ先生の後輩だったって初めて知ったとか色々突っ込み所はあったんですけど、つまるところ今回の記事で一番言いたかったのは、読み切りのじゃくこちゃんが可愛いすぎてヤバいって事です。


b82ebd97

じゃくこちゃん可愛いすぎてヤバい。エロいし。

27d0f81b

おいおいまるでももシスじゃないか(喜)

買った漫画 簡易レビュー

そうそう、このブログってばもともとこういう漫画の感想を書くために立ち上げたんだったな。
いやぁ割ガチ忘れてたよ。

評価は◎>○>□>△>×の順番にっていう、良くある感じで。

 


・ お義姉さんと僕。
 (著:鬼ノ仁) ・・・△
いつもの鬼ノ仁先生ですね^^  
とりあえず、全年齢版でやる意味は薄いかなぁという雑感。
絵はド安定のエロさで、キャラの立ち具合もいいんですけど、絵を活かすために大ゴマを多用している分が内容の薄さにつながってるみたいな感じ。
やっべえこの文章すごく通ぶるオタク臭くてキモいわマジで。

・ 聖☆おにいさん(7) (著:中村光) ・・・◎
個人的に中村先生は好きな作品と苦手な作品が分かれているのですが、聖☆おにいさんは最高に大好きです。(荒川とかは苦手)
こう、日常すぎて他の巻と比べる所が良い意味で無いっていうか。そんなん。

・  未確認で進行形 (2)   (著:荒井チェリー) ・・・◎
変態キャラって良いですよね!
というかあまりに周りのキャラが立ちすぎて(特に姉と姑)、主人公軸がネタ的にあまりに目立たなすぎるっていうのはどうなんですか。なんか三者三葉を思い出s(ry
ネタに関しては買って損なし作家さんなのでド安牌すぎて不安になるレベル。
4コマ業界は地雷も多いからこういうのはありがたいですマジで。

・ やさしい教師の躾けかた。 (2) (著:宙) ・・・◎
帯の下wwwwwwwwwwwwww
「帯を外したら古本屋に売りにくい漫画ランキング」はここ10年近くもの間これの一巻(旧版)が王者に君臨していたのですが、ここに来てようやく対抗馬が現れてワタクシ感涙モノです。
内容もいつもどおり酷いです。酷過ぎる。エロ漫画か。(笑顔) 

・  じゃりテン(1) (著:赤井吟行) ・・・◯
女の子三人が可愛すぎて、脇を固める男性陣もいい味出てて、主人公のツッコミも冴えてる。 
・・・・・・あれ?完璧なドタバタ漫画じゃね? 
まぁ、話のラストの大オチが全体的にちょっと弱い気がしたっていうので少し辛口で。 

・ デラシネマ(3)  (著:星野泰視) ・・・◎
題材のとっつきにくさの向こうにあるのは超王道少年漫画。
雑誌を読んでいなければ、続刊が待てずに発狂してたかも知れない。
それほどまでに王道。ゆえにアツい。
読んでみれば分かります。こればっかりは読まなきゃどうしようもない。
それほどまでに圧倒的に面白い。

・ 花と星 (1) (著:鈴菌カリオ) ・・・◯
もうさっさとキスしちゃえと。イチャイチャすんなよと。どっちだよ。
だからこういう恋愛漫画(百合)は続きが気になるから一話完結モノか、既に完結済みのしか買っちゃダメだって言ったじゃんかああああああ(転
仕方なかったんや・・・表紙の身長差が理想的すぎて表紙買いしてもうたんや・・・・・・
なんかこう書くと中身がダメダメみたいに見えるかもですけど、良作百合漫画です。


こんな感じ。

『旅のしをり』 テンション高いのはいいことです。たぶん。


諸君、私はヒゲ面のおっさんギャグが好きだ


むさっくるしいオヤジが轟音とともにズッコケを入れるのが好きだ
天高く調子こいた爺さんが色々と足をすくわれてぐでぐでになった時など心がおどる


三十路後半の操る切れ味鋭いツッコミがダメな不精ヒゲを撃破するのが好きだ 
悲鳴を上げてすっころんできたオッサンがピタゴラスイッチでなぎ倒された時など
胸がすくような気持ちだった


諸君 私はおっさんを
加齢臭むせかえるようなおっさんギャグを望んでいる


君達は一体何を望んでいる?
更なるほのぼの日常系を望むか?
情け容赦のない糞の様なシリアスな笑いを望むか?

「おっさん!! おっさん!! おっさん!!」 

よろしい ならば佐伯弥四郎先生だ





まぁこれ以上のコピペ改変は労力の割に案外面白くないのでやめておきますが、ようはそういうドタドタハイテンションギャグ漫画が私は大好物だということです。
そして、おっさんギャグのエースと私が自分の中で勝手に位置付けているのが、今回ウチのブログで取り上げる佐伯弥四郎先生の短編集・「旅のしをり」なのです。

ひゃっほう!久しぶりの佐伯先生の単行本だぜ!著者名みてから「カートに入れる」余裕でした!





いやぁなんというか色々すごいですね。巷ではテルマエ・ロマエ(2)鬼灯さん家のアネキ(2) ふおんコネクト! (4)(終) などで盛り上がっているようですが、そんな世間の潮流をガン無視しつつ当ブログではオサーンですよ。ついでに言うと、この記事が当ブログの最初のレビュー記事ということになります。うん、そういうブログです。

まず表紙からしてもう作中のおっさんキャラかき集めましたっていうのが素敵ですよね。売上?萌え?知らんな!みたいな。

_SL500_AA300_
↑やたらと濃い表紙

 

なんかここまでオッサンオッサン連呼してると薔薇的な作風なのかと勘違いされそうですが、違うよ、ぜんぜん違うよ。

佐伯先生の描く女の子は可愛いですし、イケメンだっています。
風景や心象描写も上手いですし、ギャグ時のくずし絵だって絶妙です。
ただ、どうしてもおっさんがギャグのメインになってしまうようです。それもめっさめさハイテンションなやつ。


20101006120613
ドタバタとかそういうレベルじゃない



思えばスターオーシャンやヴァルキリープロファイルのアンソロショート書いてた頃からエルネストやジェイクリーナスがおもっくそ目立ってましたし、女の子が可愛いといっても多くはHENTAIだったりネジが5,6本ぶっとんでたりしますので、これはもうそういう作風だと言ってしまってもいいのかもしれませんが。


20101006120340
やたらと残念な女の子





ファンタジーも、時代劇でも、どんな題材だろうと佐伯先生が書けばそこはたちまち佐伯ワールドに。
ハイテンションギャグがお好きなあなた、どうか読んでみてはいかが?
管理人
kami


管理人:もとの


当ブログは、主にメインのブログで書きにくい、趣味関係の話題をなんやかんやするブログです。



何かあればメールフォームまでご連絡を。
mixitwitterで絡んでくださってもたぶん対応できると思います。
記事検索
ギャラリー
  • 【診断トリプル大会】雪はトリル過ぎに雨へと変わるだろうパ
  • 【診断トリプル大会】雪はトリル過ぎに雨へと変わるだろうパ
  • 【ORASトリプル】晴れトリグラパ
  • 【ORASトリプル】晴れトリグラパ
  • 【ORASトリプル】晴れトリグラパ
  • 【ORASトリプル】晴れトリグラパ
  • 【ORASトリプル】晴れトリグラパ
  • 【ORASトリプル】晴れトリグラパ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
カウンタ